シミ予防をするにはどうする?

そもそも、女性のお肌の悩みシミはどうして出来るの?

シミは、メラニンという色素が皮膚の表皮に沈着して現れたものです。シミをつくるというと、メラニンはまるで悪者のようですが、本来のメラニンには、肌の細胞を紫外線から守る働きがあります。
皮膚の表皮は、表皮細胞のケラチノサイトとその基底部にある色素細胞のメラノサイトなどから成っています。紫外線を浴びることで、チロシナーゼという酵素が活発になり、メラノサイトでメラニン(色素)が作られます。これが表皮のケラチノサイトに渡されて細胞核を紫外線から守っているわけです。
そして、通常なら、皮膚の新陳代謝(約28日サイクルのターンオーバー)によって、古い皮膚細胞と共に、役割を終えたメラニンもはがれおちていきます。ところが、様々な原因からメラニンが過剰に作られてしまうことがあります。肌のターンオーバーが追いつかず、メラニンが肌に残るとシミとなるわけです。

シミの予防は、紫外線対策など日常生活で!

シミをもたらす大きな要因は、長年浴びている紫外線です。長時間、紫外線を浴びていると肌はダメージを受けて、皮膚の細胞再生能力も低下します。また、紫外線やストレス、生活習慣によって、身体に老化や疾病をもたらす活性酸素が増えてしまうこともシミの要因となります。
シミの予防として大切なのは、紫外線対策です。紫外線は季節を問わず一年中、降り注いでいます。日焼けどめを使うことはもちろん、帽子や日傘を使ったり、肌の露出部分を減らす服装の工夫などが必要です。
また、日焼け止めに限らず、普段のスキンケアでは、乾燥によって肌のバリア機能を失わないように充分な保湿をしましょう。さらに、内側からのケアとして、ビタミンCやビタミンEなど肌に良い抗酸化作用のある栄養素を摂ることです。
また、肌のシミなどに関与するホルモンバランスを整える意味でも、ストレスを減らし、睡眠をよくとるなど日常の心がけが大事です。