これは何?シミ!

シミができる原因と予防方法

どんなにケアしても顔のくすみが消えない場合、それはシミの可能性が高いです。
シミができる原因は日常生活の中に多く潜んでいます。一番の原因として挙げられるのが、紫外線による肌ダメージです。紫外線を受けると、肌内部にある細胞を守るためにメラニンという成分が分泌されます。このメラニンが排出されずに肌に残ったままの状態が続くと、やがてシミとなって肌の表面に現れてきます。
予防方法としては、紫外線ダメージから肌を守る習慣を身に付けることです。効果的なのが日焼け止めクリームやグッズの活用です。日焼け止めクリームは、その成分で肌に紫外線ダメージが届くのを遮断し、メラニンの発生を予防してくれます。その他にも、UVカットの洋服や帽子などを活用して、シミの原因となる紫外線を遮断しましょう。

シミができてしまった場合の対策方法

どんなに対策をしてもシミができてしまった場合、シミを薄くするケアを心がけましょう。毎日できるスキンケアで効果的なのが、厚生労働省が定める美白効果のある成分入りのケア用品を使用することです。特に効果的な成分として挙げられるのがビタミンC誘導体で、できてしまったシミに対しても働きかけますが、将来的なシミ予防にも高い効果が期待できます。ビタミンCは美白作用がある成分で、それをスキンケア用に合成したのがビタミンC誘導体で、幅広い効果と高い浸透力を持っているのが特徴です。このような成分が配合されているスキンケアを利用して、シミ対策をしていきましょう。
シミを完全に消したい場合には、美容外科での施術が必要となります。費用はかかりますが、短期間で高い効果が期待できる方法です。